【ドラゴンクエスト10】試練の門攻略その1【ドラクエ10/PC版】

どうも、カザリです。
今回は強戦士の書から行ける、「試練の門」について書いていきます!
現地で戦う方の試練については強さや報酬などが別物になるので、ここでは割愛します。
前提として、カザリが96以下のレベルの職がないので、それ以上のレベルでの攻略だという前提で見ていってやってください。


一応、試練って何?って方のために以下に概要書いておきます。

試練の門っていったい何なの?

強戦士の書から好きなボスを選んで戦うコンテンツで、全部で現状13のボス戦があります。
強ボスと違い毎日は出来ず、1週間に1回だけ挑戦できるコンテンツです。
しかし、パーティリーダが試練未クリアの状態であれば、たとえ自分が試練クリア済でもそのパーティメンバに誘ってもらえば再度攻略可能となります。
用途としてはレベル・特訓上げコンテンツです。


どのくらい儲かるの?

経験値は、全門突破(13門)玉ありスパ抜き食事抜きでも40,000×12+100,000程度獲得出来て、合計で約60万くらいです。
一番最後の欄の「プラチナキング」戦のみ獲得経験値が他の門より高く、10万程度獲得出来ます。
飯ありスマイルありなら多い時で1門あたり60,000以上の経験値を獲得することも可能で、単純計算で80~90万くらい稼げるのではないでしょうか。
一応自キャラを盗賊にしていけば、盗むを使って素材などを多く獲得出来るのでサポ攻略でもまあまあゴールドも稼げます。
ちなみにゴールドは玉ありで1門4,000G(プラキン戦は24,000G程度)貰えるので、盗賊の盗み抜きでも48000+24000程度で合計62,000G程度の儲けです。
最後に特訓ポイントですが、こちらは1門あたり20ポイント程度で、12門で240ポイント以上獲得可能です。
プラキンはまだ特訓モードで戦っていないのでわかりませんが、おそらく20ポイント以上は獲得可能でしょう。
狙って獲得は出来ませんが、ランダムに宝珠が手に入ることがある点も嬉しいポイントです。




とまあ試練ってのは大体そんな感じのコンテンツで、リスクなく多めの経験値を獲得出来るわけです。
試練は職の数だけ色々とやり方がありますが、今回は自キャラ(やっぱり両手バト)+サポ3での攻略となります。
本記事でのサポは戦士(フューリー)・旅芸人(棍)、僧侶ですが、僧侶を外して攻撃的な仲間モンスターを入れてみても良いかもしてません。
あるいは僧侶を雇わず、スーパースターを起用しておき、回復の手が緩くていい場所はスパ、心配なところは仲間モンスターのホイミスライムやキメラを使うのもありですね。
ちなみに、上記の通り、普段はサポ攻略なのですが、画像はフレと一緒に回ったときのもので、自バト、フレスパ、サポ戦、サポ旅の構成のときのもので、全門僧侶なしで、プラキンのみフレなしの自盗、サポ戦、サポ僧、サポ旅の構成です。


以下はボス別攻略となります。
攻略順は基本上から順に、後半は豚→おろち→プラキンと攻略しています。
※経験値、ゴールドの項目は4人パーティかつ元気玉未使用の場合です

















スポンサーリンク


























ビッグモーモン

ビッグモーモン.jpg

【ビッグモーモン】

特徴

系統:あくま
弱点:なし
耐性:すべて

行動パターン

・通常攻撃
・痛恨の一撃
・吸血
・魅惑のおどり

報酬

経験値:20,000
ゴールド:2,000
特訓スタンプ:20
通常ドロップ:黄色の宝石
レアドロップ:やわらかウール


コメント

魅惑の踊り、痛恨が厄介だが、サポの戦士が真やいばを使うので痛恨は大したダメージにならない。
元々の攻撃力も高くないので、HPが400以上ある状態であれば痛恨をもらっても死ぬことはないはず。
魅惑の踊りは自分中心の範囲の敵全体を魅了する技だが、範囲外に移動すれば回避可能。
サポは基本回避してくれるので心配ない、万が一食らっても旅芸人さえ避けていればエンドオブシーンで回復可能。
一応、魅惑の踊り前はビッグモーモンがその場から動かなくなるので、その兆候を見たら離れておけばOK。
僧侶は不要で、スパがいるならスパを入れて経験値アップを狙おう。
敵が全属性に耐性を持っているため、両手バトとしては無属性の両手剣に悪魔特攻のベルトを着けていくのが一番火力が出るパターン。
渾身斬りか天下無双で戦い、CT技を使うくらいのころには討伐可能。
討伐までは大体45秒くらいで、今ならやわらかウールを獲得出来ればやや高めの相場なのでお得。



密林の守人&密林の狩人

密林の狩人.jpg

【密林の守人】

特徴

系統:植物
弱点:なし
耐性:なし

行動パターン

・通常攻撃
・バギムーチョ
・ドルマドン
・イオグランデ
・スクルト
・ボディプレス

報酬

経験値:10,000
ゴールド:1,000
特訓スタンプ:10
通常ドロップ:黄色の宝石
レアドロップ:せかいじゅの葉

【密林の狩人】

特徴

系統:植物
弱点:なし
耐性:すべて

行動パターン

・通常攻撃
・メラガイアー
・マヒャデドス
・イオグランデ
・バイキルト
・ボディプレス

報酬

経験値:10,000
ゴールド:1,000
特訓スタンプ:10
通常ドロップ:赤い宝石
レアドロップ:せかいじゅの葉


コメント

2体同時に出現。
守人と狩人で耐性やステータスが違い、守人は耐性がないが、守備力が高い。
逆に狩人は守備力が低いがすべての属性に耐性がある。
そのため、パーティ内に属性武器を持っているメンバがいる場合は、自キャラは無属性の武器を使って狩人を狙っていく。
特に危険な行動はなく、50秒前後で討伐可能。
ここも僧侶は不要なのでスパを入れておくといい。
レアドロップがせかいじゅの葉なのでうれしい。


アイスゴーレム&ミステリピラー×2

アイスゴーレム.jpg

【アイスゴーレム】

特徴

系統:物質
弱点:炎・風
耐性:氷・光

行動パターン

・通常攻撃
・痛恨の一撃
・におうだち
・ためる
・超ちからため

報酬

経験値:20,000
ゴールド:2,000
特訓スタンプ:20
通常ドロップ:青い宝石
レアドロップ:せいれいせき

【ミステリピラー】

特徴

系統:物質
弱点:なし
耐性:なし

行動パターン

・通常攻撃
・マヒャド
・マヒャデドス
・スカラ
・ピオリム
・足ばらい
・ミステリーダンス

報酬

経験値:なし
ゴールド:なし
特訓スタンプ:なし
通常ドロップ:緑の宝石
レアドロップ:せいれいせき


コメント

お供に2体のミステリピラーを連れての登場。
ミステリピラーは経験値とゴールドを持っていないので、スマイルなどを使っても恩恵はないが、ドロップアイテムはあるので盗む必要はある。
後述の経験値がないお供はすべてその仕様のため、参考までに。
準備しておく耐性としては、ミステリピラーが足払いを使ってくるため、快適に攻略するなら転びガードは必須。
ミステリーダンスは自分中心の範囲内の敵のMPを大幅に吸収する技で、MP吸収ガードがあれば気にせずぶんまわしつづけられるが、別になくても避けるのは容易なのでわざわざ用意する必要もない。
アイスゴーレムが炎弱点なので、フューリ+炎○○%ベルトで攻めるのが効果的。
ミステリピラーの散らばり具合にもよるが、大体1分前後で討伐可能。
ちなみに現状、ドロップはレアのせいれいせきよりも通ドロの宝石の方が高く売れる。
ここも敵が弱いのでスパ入りでOK。


アビスソルジャー&テンタコルス×2

アビスソルジャー.jpg

【アビスソルジャー】

特徴

系統:あくま
弱点:雷・光
耐性:なし

行動パターン

・通常攻撃
・おおあばれ
・いなずま
・おたけび

報酬

経験値:15,000
ゴールド:1,800
特訓スタンプ:10
通常ドロップ:赤い宝石
レアドロップ:ヘビーメタル

【テンタコルス】

特徴

系統:水
弱点:雷・闇
耐性:光

行動パターン

・通常攻撃
・さそうおどり
・ハッスルダンス
・マホトラおどり
・おうえん

報酬

経験値:2500
ゴールド:100
特訓スタンプ:5
通常ドロップ:青い宝石
レアドロップ:ヘビーメタル


コメント

お供にテンタコルスを2体引き連れての登場。
こちらのお供は経験値を持っているので、スマイルの対象になる。
必要な耐性は、いなずま対策のマヒガードと、さそうおどり対策の踊りガード。
タコ2体を巻き込みつつぶんまわしを当てていき、テンションバーンが使えるようになったら使っておく。
プラズマブレードはタコ2体を倒し終わって、アビスソルジャーのみになったら使う方がお得。
テンバ中におおあばれを一人で受けることが出来ればテンションもうなぎ上りで、炎耐性低下も相まって全身全霊斬りがすごいことになる。
55秒前後で討伐可能で、こちらも現状ヘビーメタルより通ドロの宝石の方が高く売れる。


ブラバニクイーンたち

ブラバニクイーン.jpg

【ブラバニクイーン】

特徴

系統:けもの
弱点:闇
耐性:雷・光

行動パターン

・通常攻撃
・ギガデイン
・BBQスティンガー
・ゴールドシャワー
・ためる
・超ちからため

報酬

経験値:20,000
ゴールド:2,000
特訓スタンプ:20
通常ドロップ:ゴールドストーン
レアドロップ:きんかい

【メランザーナ】

特徴

系統:植物
弱点:すべて
耐性:なし

行動パターン

・通常攻撃
・ヘナトス
・投げキッス
・さそうおどり

報酬

経験値:なし
ゴールド:なし
特訓スタンプ:なし
通常ドロップ:グリーンアイ
レアドロップ:せいれいせき

【ナスビナーラ】

特徴

系統:植物
弱点:すべて
耐性:なし

行動パターン

・通常攻撃
・ヘナトス
・投げキッス
・さそうおどり

報酬

経験値:なし
ゴールド:なし
特訓スタンプ:なし
通常ドロップ:パープルアイ
レアドロップ:せいれいせき

【オニオーン】

特徴

系統:植物
弱点:炎・光
耐性:闇

行動パターン

・通常攻撃
・マヌーサエキス
・暗黒のきり

報酬

経験値:なし
ゴールド:なし
特訓スタンプ:なし
通常ドロップ:イエローアイ
レアドロップ:せいれいせき

【おばけトマト】

特徴

系統:植物
弱点:炎・光
耐性:闇

行動パターン

・通常攻撃
・マヌーサエキス
・暗黒のきり

報酬

経験値:なし
ゴールド:なし
特訓スタンプ:なし
通常ドロップ:レッドアイ
レアドロップ:せいれいせき


コメント

お供は経験値なしのタイプ。
ナス系の危険な行動は投げキッスによる魅了。
オニオーン系の厄介な行動は暗黒のきりによるマヌーサと攻撃力の低下。
耐性は幻惑と魅了があると安定するが、最悪魅了はツッコミ、エンドオブシーンで解除可能なのでどちらかと言えば幻惑の方が欲しい。
特に僧侶抜きで戦う場合は、アタッカーが幻惑を食らってしまうと治せないため大幅に討伐タイムが伸びてしまう。
魅了された仲間が出た場合はぶんまわしを中断してツッコミで治してやるといい。
魅了されたキャラもろとも倒してしまうと、ザオラル→ハッスル→バイシ×2と旅の行動に無駄が出てしまうため、アタッカーであっても一手損してツッコミを入れた方がタイムは早くなる。
一番良いのは耐性を完備することだが、魅了100は黄龍やマスカレードが廃れた今、宝珠で10%、ベルトで10%、顔アクセで80%を用意しないといけないため、ハードルがやや高め。
顔アクセを魅了ガードに使用しているため、頭か体下、指輪アクセで幻惑を100にする必要がある。
肉入りでやる場合は耐性を用意するのも一種のマナーだが、サポ攻略オンリーならそこまで拘らなくとも全門30分以内に突破は可能なので無理のない範囲で耐性を揃えるといい。
一応ブラバニクイーンは2回行動する場合があるので、超ちからためから間髪入れずにゴールドシャワーやBBQスティンガーが飛んでくることがあるため注意が必要。
バトとしては、2刀バトに装備を切り替えてロストアタックをすることでテンション下げが可能。
ハンマー2刀であればスタンショットもありだが、なぜかブラバニのテンションはショックを与えても消えないので、やはりロストアタックが必要。
大きなトラブルなしで、大体55秒前後で討伐可能。
メンバの耐性や運要素も多少絡むが、僧侶なしでもクリア可能なのでスパ入りで行く方がお得。



モヒカント&バッファロン

モヒカント.jpg

【モヒカント】

特徴

系統:けもの
弱点:炎・土
耐性:なし

行動パターン

・通常攻撃
・バギムーチョ
・イオグランデ
・ディバインスペル
・ばくれつけん
・ためる

報酬

経験値:10,000
ゴールド:1,000
特訓スタンプ:10
通常ドロップ:しもふりミート
レアドロップ:幻獣のホネ

【バッファロン】

特徴

系統:けもの
弱点:炎
耐性:なし

行動パターン

・通常攻撃
・痛恨の一撃
・かちあげ
・岩石おとし
・超ちからため

報酬

経験値:10,000
ゴールド:1,000
特訓スタンプ:10
通常ドロップ:しもふりミート
レアドロップ:幻獣の皮


コメント

どちらも経験値を持っている敵。
バッファロンは怒り時の痛恨がやっかいだが、こちらのHPが600近くあれば一撃死は避けられる程度。
かちあげは対象1人がふっとび状態になってしばらくダウンしてしまうため、アタッカーが受けると討伐タイムが遅くなり、旅が食らうと回復役がいなくなる。
開幕のサポ戦士の真やいばがバッファロン対象でかつ効果が通れば大した危険はないが、モヒカントに真やいばが流れてしまうことも多い。
痛恨をどうしてももらいたくない場合は、渾身斬りを3~4回使ったくらいでバッファロンのHPは半分を切るくらいになるので、最後の一発をサポ戦士に譲って怒りの矛先を戦士に向けることで避けることも可能。
あるいはミラブを使っておき、痛恨をもらったあとギリギリ残ったHPを瞬時に回復出来るようにしておくことで死なずに戦闘を続行出来る。
モヒカントはディバインスペルによる呪文耐性の低下、ためるでテンションを上げてからの範囲呪文などをおこなってくる。
イオグランデは離れれば回避可能だが、バッファロンが残っている状況でもなければ避けずに殴り続けてもいい。
大体50秒前後で討伐可能。
こちらが痛恨耐え出来ないHPのパーティでない限り、僧侶を入れる必要はないため、スパ入りがおすすめ。



ゼドラゴン&キラーマシン×2

ゼドラゴン.jpg

【ゼドラゴン】

特徴

系統:マシン
弱点:炎・氷・雷・闇
耐性:なし

行動パターン

・通常攻撃
・ミサイル
・ふみつけ
・しゃくねつ

報酬

経験値:20,000
ゴールド:2,000
特訓スタンプ:20
通常ドロップ:マデュライト
レアドロップ:ヘビーメタル

【キラーマシン】

特徴

系統:マシン
弱点:雷・闇・光
耐性:炎

行動パターン

・通常攻撃
・やいばくだき
・ビーム攻撃
・弓矢うち
・マヒャド斬り

報酬

経験値:なし
ゴールド:なし
特訓スタンプ:なし
通常ドロップ:マデュライト
レアドロップ:ヘビーメタル


コメント

お供のキラーマシンは経験値なし。
危険なパターンは1つで、ミサイルに合わせてキラーマシンのビーム攻撃が重ねられる場合である。
その状況をさけるためにも、キラーマシンとの距離感と向きには常に気を付けておくべき。
キラーマシンは炎耐性があるが、ゼドラゴンは炎に弱い。
フューリーでぶんまわししているとキラーマシンの数が中々減らないため、無属性の両手剣があればそれ+マシン特攻ベルトの組み合わせでも良い。
念のため、サポ旅の回復だけでは心配ならミラブを使っておけば、ミサイル発射を見てからぶんまわしや渾身斬りを合わせればセルフ回復可能でやられる心配もない。
こちらの敵も大体50秒前後で討伐可能。
サポ僧をいれたくなる気もするが、いなくても案外余裕で討伐可能なのでスパ入りでいい。
余談だが、ゼドラゴンがミサイル発射のときにちゃんと背中のハッチを空けていてるのを画像を貼るときに初めて気付いた(どうでもいい)。



潮風のディーバ&チャンプスター×2

潮風のディーバ.jpg

【潮風のディーバ】

特徴

系統:水
弱点:炎
耐性:なし

行動パターン

・通常攻撃
・コミックソング
・潮風のララバイ
・呪いのうた
・たたかいのうた

報酬

経験値:20,000
ゴールド:2,000
特訓スタンプ:20
通常ドロップ:ブルーアイ
レアドロップ:せいれいせき

【チャンプスター】

特徴

系統:水
弱点:雷・土
耐性:光

行動パターン

・通常攻撃
・ブーメランアタック
・メダパニダンス
・ハッスルダンス

報酬

経験値:なし
ゴールド:なし
特訓スタンプ:なし
通常ドロップ:さざなみのしずく
レアドロップ:黄色の宝石


コメント

お供のチャンプスターは経験値無し。
耐性は眠り、混乱、呪い、踊りが必要で、ディーバの使う異常技はどれも範囲が広いため、攻撃に専念するにはあらかじめ耐性を用意しておく必要がある。
一応すべて見てから回避が可能だが、相手のターンをじっくり観察しておき、攻撃のタイミングが被らないようにしないと回避は難しい。
たたかいのうたでチャンプスターの攻撃力が上がってくると、怒りやすい性質と合わさってブーメランアタックが意外と痛い。
チャンプスター自体はぶんまわし5~6回程度で倒せるが、途中怒りをもらってピンチになりそうな場合はロストしておくといい。
大体55秒前後で討伐可能。
僧侶は不要なため、スパ入りでいい。


エレメンレッドたち

エレメンレッド.jpg

【エレメンレッド】

特徴

系統:エレメント
弱点:なし
耐性:氷・風・雷・土・光

行動パターン

・通常攻撃
・メラガイアー
・熱血!ダイカイテン!
・しゃくねつ

報酬

経験値:4,000
ゴールド:400
特訓スタンプ:5
通常ドロップ:レッドアイ
レアドロップ:オグリドホーン

【エレメンイエロー】

特徴

系統:エレメント
弱点:氷
耐性:炎・風・雷・土・闇・光

行動パターン

・通常攻撃
・メダパニーマ
・はにゃ~ん
・光のブレス

報酬

経験値:4,000
ゴールド:400
特訓スタンプ:5
通常ドロップ:イエローアイ
レアドロップ:エルトナスイセン

【エレメンブルー】

特徴

系統:エレメント
弱点:炎・光
耐性:氷・風・雷・土・闇

行動パターン

・通常攻撃
・ザラキーマ
・クールにきめる
・かがやくいき

報酬

経験値:4,000
ゴールド:400
特訓スタンプ:5
通常ドロップ:ブルーアイ
レアドロップ:ウェナールシェル

【エレメングリーン】

特徴

系統:エレメント
弱点:風・闇
耐性:炎・氷・雷・土・光

行動パターン

・通常攻撃
・スクルト
・まわってみた
・アシッドブレス

報酬

経験値:4,000
ゴールド:400
特訓スタンプ:5
通常ドロップ:グリーンアイ
レアドロップ:ドワチャカオイル

【エレメンピンク】

特徴

系統:エレメント
弱点:なし
耐性:すべて

行動パターン

・通常攻撃
・バイシオン
・バイキルト
・ラブリースピン
・あまいいき

報酬

経験値:4,000
ゴールド:400
特訓スタンプ:5
通常ドロップ:パープルアイ
レアドロップ:プクランサフラン


コメント

5体同時に相手をする戦闘で、全員経験値を持っている。
必要な耐性は眠り、混乱、即死、魅了の4つ。
耐性に関係なくこちらを行動不能にすることがあるブルーのみとれも厄介。
本記事での構成ではブルーの魅力アップ状態をGFなどで消すことが出来ないので、サポの攻撃を集中させる意味でもブルーに開幕の照準を定めた方がいい。
初手ではクールにきめたを使用してこないので、2回目の行動前に落とせればみとれ被害なしで突破出来る。
開幕にピンクが眠っている場合は上述のようにブルーを素早く落とす難易度も下がるが、ピンクが起きている場合、初手にあまいいきを使用してくるため、眠りガードがないキャラがいると少々ペースダウンせざるを得ない。
モタモタしているとラブリースピンでまとめてサポが魅了される危険もあるため、ブルーを落としたら次はすぐにピンクを始末しておきたい。
その後は混乱の厄介なイエローか、攻撃力の高いレッドを倒し、最後にグリーンを総攻撃する流れが安定か。
グリーンのアシッドブレスは防ぐ術がなく、避けれずに食らってしまうと厄介なのと、放置しておくとタダでさえ堅い守備力をさらにスクルトで固めてくるので、そちらを先に倒してもいい。
パーティの耐性などを考えて攻略順を変えることが大事。
開幕はブルーが炎弱点ということもあり、フューリーを装備して攻撃し、ブルーを倒したら持ち替えで無属性の両手剣にしておくとその後のダメージの通りが良くなる。
戦闘中の装備替えがネックなら、初めから無属性の両手剣を担いでいくといい。
その際のベルトはエレメント特攻があれば付けていくといいが、魅了ベルトと枠が競合するのでお好みで。
討伐は事故なしで1分前後。
上述の通り攻略していけば僧侶は不要なのでスパ入りで良い。


やまたのおろち&鬼棍蔵

やまたのおろち.jpg

【やまたのおろち】

特徴

系統:ドラゴン
弱点:闇
耐性:氷・光

行動パターン

・通常攻撃
・ジゴデイン
・連続かみつき
・かがやくいき
・ブレイクブレス

報酬

経験値:10,000
ゴールド:1,000
特訓スタンプ:10
通常ドロップ:緑の宝石
レアドロップ:ドラゴンの皮

【鬼棍蔵】

特徴

系統:ドラゴン
弱点:氷
耐性:なし

行動パターン

・通常攻撃
・痛恨の一撃
・衝撃波
・しゃくねつ

報酬

経験値:10,000
ゴールド:1,000
特訓スタンプ:10
通常ドロップ:レッドアイ
レアドロップ:とげウニ


コメント

どちらも経験値を持っている敵。
激しい攻撃が次から次へと飛んでくる比較的難易度が高めな門。
肉入りでは主流のおろち眠らせ戦法がバトでは出来ないため、比較的HPの低いおろちから討伐していくのも十分考えられる。
開幕はジゴデイン対策の魔結界、ブレスダメージ緩和のための心頭滅却、気休め程度だが痛恨対策にブレードガードなどをして準備しておこう。
テンションバーンやミラクルブーストも重要なので、溜まり次第使っていく。
気を付けたいことといえば、ジゴデインに巻き込まれることと、巻き込んでしまうこと、連続かみつきを1人で受けないこと、鬼棍蔵の怒りタゲの矛先を見ておくことである。
痛恨は万が一自分がタゲだった場合、サポ戦士に引っ掛けて出来るだけ相撲を引っ張ろう。
サポ僧がもし聖女を掛けていてくれた場合でも、2回行動があるため、痛恨を耐えても次の行動で倒されてしまう。
戦士の真やいばが入っている状態であれば受けてもOKだが、余裕があればやいばのぼうぎょでさらに被ダメを減らしておくと良い。

⇓ムチスパのラリホーマで寝かせている間に鬼棍蔵を撃破。
やまたのおろち2.jpg

やまたのおろちのブレイクブレスを食らってしまった場合、ジゴデインは間違いなく耐えられない威力になるので味方と離れつつ僧侶がすぐに蘇生に来れる位置でやられておこう。
死に場所が悪いと、デカい敵2匹に邪魔されてサポが蘇生を邪魔されて動けなくなってしまう場合がある。
味方がやられる度におろちのテンションは1段階上昇するため、しっかりとロストすることも大事。
僧侶は必要で、バト操作でのサポスパ入りは試したことがないがやめておく方が無難に思える。
自キャラバト、肉入りスパ、サポ戦、サポ旅の構成ならスパがラリホーマ使えるので勝てるのだが。。。
ちなみに自キャラが盗賊など、おろちの眠らせが可能な場合は回復が旅1人のスパ入り構成でも勝てる。
討伐タイムはグダらなくて大体2分40秒くらい。

⇓肉入りがおろちを寝かせられるパーティなら僧侶なしでも楽々倒せます。
やまたのおろち3.jpg



ビッグビッグハット

ビッグビッグハット.jpg

【ビッグビッグハット】

特徴

系統:けもの
弱点:炎・氷・風・雷・土
耐性:なし

行動パターン

・通常攻撃
・イオグランデ
・マダンテ
・魔力回復
・仲間を呼ぶ

報酬

経験値:20,000
ゴールド:2,000
特訓スタンプ:20
通常ドロップ:赤い宝石
レアドロップ:きんかい

【ビッグハット】

特徴

系統:けもの
弱点:炎・氷・風・雷・土
耐性:なし

行動パターン

・通常攻撃
・イオナズン
・イオグランデ
・ハッピーイリュージョン
・仲間を呼ぶ

報酬

経験値:なし
ゴールド:なし
特訓スタンプ:なし
通常ドロップ:なし
レアドロップ:なし

【チビッグハット】

特徴

系統:けもの
弱点:炎・氷・風・雷・土
耐性:なし

行動パターン

・通常攻撃
・イオナズン
・イオグランデ
・メガンテ

報酬

経験値:なし
ゴールド:なし
特訓スタンプ:なし
通常ドロップ:なし
レアドロップ:なし


コメント

開幕仲間呼びにてビッグハットを3体呼ぶ。
そのビッグハットも放置していると仲間呼びにてさらにチビッグハットを呼んでくるので敵の数が大変なことになる。
開幕はぶんまわしにカーソルを合わせておき、ビッグハットを呼んだ瞬間に攻撃を重ねよう。
サポの行動がトンチンカンでも2回ぶんまわしを当てればビッグハットは殲滅出来る。
とにかく仲間呼びをされたら全体攻撃で一気に葬ることが大事。
殲滅出来れば恩恵としてテンションもアップする可能性が高いので、全身全霊斬りの威力が大幅に上がる。
マダンテはイオグランデよりも広範囲まで判定があるので、やや遠目まで退避しておこう。
サポの回避ラインを見ているとギリギリのラインが分かる。
万が一、ビッグハットを打ち漏らしてチビッグハットが溢れてしまうような展開になった場合に備えて、即死ガードがあるとメガンテで壊滅する状況は防げる。
また、そのような状況にならないことが前提だが、その場合はハッピーイリュージョンもバンバン飛んでくるので踊りガードも必須となる。
討伐タイムは大体55秒前後。
グダらないことが前提なので、当然僧侶は不要でなため、サポスパを入れていくのがおすすめ。



プラチナキング

プラチナキング.jpg

【プラチナキング】

特徴

系統:スライム
弱点:メタルボディ
耐性:メタルボディ

行動パターン

・変身
・おしつぶし
・マダンテ
・マヌーサ
・いてつくはどう

報酬

経験値:内訳不明(玉あり飯込で約12万程度)
ゴールド:内訳不明(玉ありゴルスラ討伐で約24000G程度)
特訓スタンプ:不明
通常ドロップ:不明
レアドロップ:不明

【ゴールデンスライム】

特徴

系統:スライム
弱点:メタルボディ
耐性:メタルボディ

行動パターン

・逃げる

報酬

経験値:内訳不明(玉あり飯込で約12万程度)
ゴールド:内訳不明(玉ありゴルスラ討伐で約24000G程度)
特訓スタンプ:不明
通常ドロップ:不明
レアドロップ:不明

【スライムマデュラ】

特徴

系統:スライム
弱点:なし
耐性:すべて

行動パターン

・マデュライトビーム
・おしつぶし
・マダンテ

報酬

経験値:内訳不明(玉あり飯込で約12万程度)
ゴールド:内訳不明(玉ありゴルスラ討伐で約24000G程度)
特訓スタンプ:不明
通常ドロップ:不明
レアドロップ:不明

【スライムエンペラー】

特徴

系統:スライム
弱点:不明
耐性:不明

行動パターン

・いてつくはどう
・マホターン
・おしつぶし

報酬

経験値:内訳不明(玉あり飯込で約12万程度)
ゴールド:内訳不明(玉ありゴルスラ討伐で約24000G程度)
特訓スタンプ:不明
通常ドロップ:不明
レアドロップ:不明


コメント

最近ストーリーを3.5前期分まで終わらせたところで、試行回数が1回のみのため分からないことだらけで申し訳ない。
構成は自盗(ムチ、ツメ)、サポ戦(両手)、サポ旅(棍)、サポ僧(スティ)で戦闘。
ゴルスラが逃げることは当時知らなかったが、メタルボディかつHPが低いことは既存のゴルスラで知っていたので開幕ツメで会心頼みで通常攻撃。
会心が出やすかったため、無事に逃がさずに倒せた。
続いて現地で戦った際に、エンペラーのいてつくはどうが厄介だと感じていたため、エンペラーをムチに持ち替えて双竜打ちで攻撃していく。
調べた結果、どうやらエンペラーは眠りや混乱、幻惑、毒などが入るらしいので、短剣も使用した方がいいかも。
眠らせ放置でマデュラから倒しに行ってもいいかもしれない。
怒りは全員共有なのか、1人に対してみんなでキレてくることが多かった。
こまめなロストをしておこないと文字通り一気におしつぶされてしまう。
怒りを買ったのが自分なら、おしつぶしの被害を抑えるために味方と離れた位置まで敵を連れて行くのも手か。
最後に残ったプラキンを会心頼みでツメAペチで攻撃していく。
ここまでくれば危険な行動はマダンテくらいなので時間はかかるが会心が出るまで粘ろう。
ちなみに、会心系の攻撃手段のある構成であればゴルスラ→プラキンと倒していくパターンが一般的らしい。
その間にエンペラーを状態異常にしておいてマデュラを落とすのか、いてはが面倒なエンペラーから落とすのかは人によって分かれている模様。
ちなみに盗めるものはきんかい、スライムゼリー、ウルベア金貨などだったが、誰がどれを落としたかよく分かってない。





あとがき

プラキン戦の試行回数が足りな過ぎてアレでしたが、今後その辺はチマチマ内容アプデしていきます。
ホントは職ごとにおすすめの行動や必要な耐性なんかの情報も盛り込めれば良かったのですが、気力が尽きました。。。
そこも気が向いたときにでも更新していきます。

それではまたー!





この記事へのコメント

最近の記事