【タクティクスオウガ】最強騎士団完成までの道! ~エキストラバトルでのレベル上げについて~【運命の輪/PSP】

以前の記事ではベースパラメータの上げ方と育成計画なんかをテーマに語りました。
その計画に則り、実際にレベル上げをやっているわけですが、今回はそれについてまとめていこうかなと思います。


まず、汎用クラスのレベル上げをやる場合と専用クラスのレベル上げをやる場合の2パターンに分けて書いていきます。
















スポンサーリンク



















汎用クラスのレベル上げ


汎用クラスのレベル上げは、基本12人を同じクラスにして一気にレベルを上げれるという部分で効率的です。
以下に汎用クラスのレベル上げについてのメリット、デメリットをまとめました。

メリット
・12人出撃で無駄なくレベルアップボーナスを獲得出来る
・1クラスのみでの戦闘のため、経験値がすべてその1クラスに入るためレベルアップが早い

デメリット
・必然的に12人出撃可能MAPでしかレベル上げ出来ない
・戦闘力のないクラスでは(クレリックとか)勝つことが難しい
・レイゼン街道の敵最低レベルが12~14なので、レベル1のクラスだと構成によっては積む

経験値を独り占め出来る分、圧倒的にレベル上げの速度が早いです。
ただし、レイゼン街道に出現する敵の最低レベルを見て分かる通り、中途半端に育てたキャラではレベル10以上のステ差と装備格差を埋めるのが難しいです。
うまくベースパラカンスト間近のキャラを混ぜれば攻略も簡単になるので、まずは専用クラスでレベルを上げ切ったキャラなどをクラスチェンジして混ぜておくと安全。
ちなみに、レベル1のニンジャ12人出撃で戦闘に勝利した場合、獲得できる経験値は2800程となり一気にレベル12まで上がります。
最初の戦闘だけ乗り越えれば敵とのレベル差も追いつくので、あとはなんとかなるはず。
あと、クレリックでは戦闘に勝てないことはないですが時間も掛かるしおすすめ出来ません。
攻撃役のクラスを何人か混ぜた方がいいです。




専用クラスのレベル上げ

専用クラスということで、必然的にそのクラスになれるユニットは少なめです。
ユニットが少ないとどんなメリットとデメリットがあるのか以下参考までに。

メリット
・出撃枠の少ないMAPも選べる
・他の専用クラスについてるユニットと合わせてレベル上げが出来る
・他の強いクラスに混ぜてレベル上げ出来る

デメリット
・複数のクラスと一緒に戦闘することで、汎用クラスのレベル上げと比べて経験値が分散されてしまうため成長が遅い
・1クラスだけで戦闘しようとすると人数が少なくて戦闘の勝利が難しい場合がある

と、まあ基本汎用クラス12人でのレベル上げに比べると育ち切るのが遅いです。
かといって少数で出撃すると負傷者が出たりすることも…
そのため、他の高レベルクラスのユニットと一緒に出撃して、後ろに下がっておくか、あるいは同じレベル帯の他の専用クラス、Lサイズユニットなどと並行してレベル上げを行なうといくらか安全です。
汎用クラスのレベル上げ時にベースパラメータが高いユニットがいると楽なので、まずは専用クラスのレベル上げから始めるといいでしょう。
シャーマン、ホワイトナイト、レンジャー、バッカニアなど複数人がクラスチェンジ出来る専用クラスのレベル上げは、必ず仲間が揃ってからにしましょう。




ということで、まずは専用クラスのレベル上げをして、次に汎用クラスのレベル上げをしていくと捗ります。
しかし、いくら効率よくやってもレベル上げには結構膨大な時間がかかります。
そこで、半放置で出来るAI戦闘を取り入れるとリアルの時間との兼ね合いも出来てオイシイです。
以下はAI戦闘についてのまとめです。


AI戦闘におけるメリット

・プレイヤーの操作なしで戦闘勝利まで完全オート
・投射系魔法、弩、射撃の扱いが非常に的確
・他のことが出来る

AI戦闘におけるデメリット

・使わないでほしいアイテムを使う
・無駄な補助魔法かけすぎ
・無駄なアイテム効果使いすぎ
・キュアリーフ食べすぎ
・敵のTP計算やWT計算まではしてくれない
・必殺技ぶっぱ
・最大ダメージを取りに行く特性からかLサイズを放置しがち
・同人種でも関係なく殺すので場合によってはキャラの忠誠度がガンガン下がる

デメリット多すぎですね、はい。
そりゃそうです、完璧を求めるなら自分で操作するしかありません。
ただ、パッと思いつくだけでこれだけのデメリットがあっても、「他のことが出来る」はそれを補って余りある大きなメリットです。
なんせ勝手にレベル上げをやってくれるわけですから。
ただ、近くに置いといて時々見ないと戦闘終了してたりするんで完全放置とはいかないですけどね、それでも便利です。
デメリットのいくつかは以下で解消できます。

・消耗品スキルを外しておく
・アイテム効果のある装備をつけない
・キュアリーフを売却しておく
・補助魔法を覚えさせない
・人外のみしか出現しないMAPで戦闘する

ただし最後の人外のみしか出現しないMAPは、12人出撃可能なMAPでは存在しません。
専用クラスのレベル上げであれば、必ずしも12人で出撃する必要もないので10人出撃可能かつ敵が人外のみのゾリューシ油田などがおすすめです。
汎用クラスでは気になるようであれば自分で操作するか、出撃人数を減らして人外のみのMAPに切り替えるかです。
もしくはデニム+11人出撃可能なイベントバトルで速攻リーダを倒す方法がいいでしょう。


最後によくお世話になるレイゼン街道とゾリューシ油田についてでもまとめて終わりたいと思います。


レイゼン街道

12人出撃可能MAP。
人間、悪魔、死霊、精霊、竜と幅広い種族が出現する。
敵の最低レベルは12~14。

手前にドラゴン、アーチャーがいるパターンが少し厄介。
中途半端に削るとブレスや弓必殺が飛んでくるので、一気に処理しておきたい。
また、レベルが高くなってくるとローグの投げてくる投擲武器が当たると結構痛い。
グレムリン、フェアリーのプリティキスなどのスキルも厄介。
敵の前衛はリザードマン、バーサーカー、ウォリアーなどがメイン。
敵前衛は放置してもそこまで危険ではないので、先に後ろにいる厄介な補助魔法を使ってくる後衛ユニットを潰すのもいい。
AIに任せると手前のドラゴンを無視してオークへ攻撃をすることもあるのでやや危険。
人種はガルガスタン人が多め。
ウォルスタ人、バクラム人、ゼノビア人も出現するため同族殺しを避けたいのなら人種に気を付けよう。
デボルト、オリアス、クレシダ、ジュヌーン、アゼルスタンなどはこのMAPでAI戦闘してると忠誠度がガンガン下がっていく…
他にも汎用キャラでガルガスタン人の味方がいる場合は気を付けたい。
地形的にやや面倒になり効率が悪くなるが、AI戦闘かつ忠誠度を気にするならまだ同じく12人出撃のヴァネッサ街道の方が下がりづらいかもしれない。





ゾリューシ油田

10人出撃可能MAP。
出現する敵は竜、人形、悪魔のみ。

ゴーレム、ドラゴンがかなり多く出現する。
正面に最大で3体のゴーレム、右からアイアンゴーレムとウルク、ドラゴンなどが攻めてくる。
左からはオークが最大で2体、奥からグレムリン(ファミリア、ローグ)と残りのドラゴン、ゴーレムが進軍してくる。
幸い奥のLサイズユニットは地形に阻まれて進軍が遅い。
Lサイズは中途半端に仕掛けると反撃で痛い目に合うので、集中砲火か強力なユニットの一撃でしっかり撃破しておきたい。
AI放置しても人外のユニットしかいないため、忠誠度が下がる心配は一切ない。
むしろスキルのランクアップで忠誠度は上がる一方。
スキル枠に余裕があれば、悪魔学、人形学、竜学などをつけてついでに僅かでも成長させるといいかも。
MAP自体は高低差が少なく、水地形もないのでジャンププラスもウェイドスルーもいらない。
なお、自分の場合はAIに任せても負傷者が出たことはないが、ゴーレムの技をまともに2回ほど受けたキャラが瀕死になっている場面を見かけたことがある。
回復なしの編成の場合、運が悪いと負傷者が出ることもあるかもしれない危険性があることを覚悟した方がいいかもしれない。




以上、レベル上げについてでした。
また次回!

この記事へのコメント

最近の記事