【GTA5】ゴールドメダルコンプリートを目指して! その1【PS4】

どうもご無沙汰してます、カザリです。
最近中々更新出来ていませんでした。
今日のテーマはGTA5(Grand Theft Auto Ⅴ)についてです!
当ブログでは初登場のゲームなんで、一応軽く紹介をしつつやっていきます。


ちょこっと紹介
ご存知の方も多いであろう本シリーズ。
アメリカのゲームメーカーのRockstar Games(ロックスターゲームズ)が世に送り出したこのシリーズは、日本国内においてもかなりの人気を博し、めちゃくちゃなことが出来る高い自由度があるゲーム性がウケました。
本作でもその自由度は健在で、お金を稼ぐためにバイトをするもよし、強盗してもよし、株で儲けてもよし、物件を買って家賃収入を得てもよし、などお金を稼ぐ方法だけでも結構自由。
アメリカの架空都市である「バインウッド」を舞台とした広大な街を動き回るための移動手段だって、走る、自転車、バイク、車はもちろん、ヘリ、飛行機、クルーザー、潜水艦など様々なカテゴリがあり、そのカテゴリの中の種類も豊富です。
車がなければその辺に駐車している車をパクってもOK、人が乗っていたって無理やり追い出して乗っ取ってしまうことも出来る。
タクシーの運転手を下車させてあなたが変わりに運転手を務めればそのままタクシー業も出来ちゃう、そんな世界。
邪魔な通行人は殴り倒しても、車でひき逃げしても、銃で無慈悲に撃ってもOK。
ただしそれは犯罪なので、当然警察に追われます。
警察を相手に豊富な銃火器を使用して全面戦争を仕掛けるもよし、映画の様な熱いカーチェイスをしても楽しいでしょう。
警察を振り切るころには車の運転にも慣れてくる頃。
街中をドライブしているだけでも楽しいけど、ハイウェイに乗って街を離れて田舎道を走ったり、時には道路なんて気にせず、大自然の中を走り抜けてもいいんです。
なんなら線路を走ってすぐ横を走行する電車を追い抜いても面白いでしょう。
そんなゲームならではの、ゲームでしか出来ないことが出来るいい意味ではちゃめちゃなゲームなんです。




















スポンサーリンク























きっかけと再開の理由
ちなみに、シリーズの最新作であるGTA5。
なんと全世界の累計出荷数が9000万本を突破し「アメリカ史上最も売れたゲーム」という偉業を成し遂げたゲームだったのです。
実は自分、このシリーズはずーっとやらずに過ごしてきました。
洋ゲーってなんとなく合わないなーって当時は漠然と否定的な感情があってやってなかったんですね。
去年だったかな、確かPSストアのセールで安く買える機会があったのでなんとなく購入。
さすがにメジャー級なゲームだしいい加減やってみようかなってのが動機でした。
国内PS4版の発売自体は2014年の12月11日だったので、3年ほど遅れてプレイしたわけです。
そしたら面白いのなんのって。
一気にハマっちゃいました。
最初は運転なんかも右側走行に違和感を感じつつも交通ルールや信号守ったり、人に無意味に危害を加えないように善人プレーをしていましたよ、はい。
でもね、ゲームなんだし守んないこともあっていいかなって(笑)
そんで無茶やるようになったらまあ楽しい。
自由に出来るように作ってあるゲームだから、そこはやっぱそのゲーム性に乗っ取ってプレイした方が色々楽しめることが増えるに決まってるんですよね。
って感じでしばらくこのゲーム遊んでて、ストーリークリアしてからも株で何億ドルも稼いだり楽しく遊んでました。
でで、ここんところしばらくやってなかったんですが、ふと自分のトロフィーリスト見てGTA5の異様に低いトロフィー獲得率に気づくわけです。
何、19%って。
全然このゲーム遊べてないじゃんって。
追加トロフィー抜けば30%だけど、それにしたってまだやれることたくさんあるなあって感じです。
オンライン周りは今更やろうとは思えないので、それ以外のオフで獲得可能なトロフィーだけでもコンプしよう!と謎の使命感からプレイを再開したわけです。
他にもスパロボXとかも2周目途中だし、ビルダーズもまたやり始めたしで忙しいけどちょくちょくやっていこうかなと。

本題
それで、最初に取ろうと思ったトロフィーがこちら。
「ソリッド・ゴールド」(2018年4月24日時点で取得率0.2%のゴールドトロフィー)。
条件はストーリーミッションと不審者と変質者ミッションで、ゴールドメダルを70個獲得することです。
それぞれのミッションは、リプレイっていって何度でもメニューから好きなミッションを選んでやり直すことが出来るんですよ。
そんで、そのミッション中にやらなければならない条件とかクリアまでの時間制限とかそういう提示された課題を全てクリアする必要があるんです。
指定された課題を全てクリアすると、そのミッションのメダルの色が金になるわけです。
それを全部で70個集めろ、とロックスターは言っているのです。
よっしゃ、やったるで~!
ってことで1日にちょこっとずつでも攻略していくのです。
以下、攻略したミッションの感想とか。



プロローグ
クリアするだけでゴールドなのでもう取ってある。
よってスルー。

フランクリンとラマー
・傷ひとつなし
最小限のダメージで車を運べ
・注目ドライバー
フランクリンの特殊スキルを7秒間使え
・勝利をこの手に
ラマーとのレースに勝利し
・誰も傷つけない
映画スタジオでエイリアンをひくな

全てのミッションに言えることだが、条件を複数のプレイの累計で達成してもOKな仕様なので、一度に達成するのが難しそうなら何度かに分けて条件を達成するといい。
ラマーとのレースに勝つにはまず行先を知っていないといけない。
他のミッションと違い、MAPにゴール地点やルートが表示されるわけではないので、そこが少し面倒。
ちなみにゴールは警察に追い回されることになる直前の場所。
ゴール地点へ近づいて来たら特殊スキルなどもうまく使ってギリギリでもいいからラマーを抜いておくと達成。
映画スタジオではエイリアンの被り物をしたスタッフが進行方向を邪魔するように横切るので落ち着いて減速。
ここで減速してもラマーとの勝負には全然勝てるので焦る必要なし。
傷ひとつなし、とは言うが多少は傷ついていてもOK。
具体的にどの程度か検証はしてないので分からないが、フロントグリル穴あいてねーか?これって具合の見た目でも何故か達成出来たので結構ゆるいのかも。




















スポンサーリンク
























回収稼業
・タイム
06:30以内にクリアしろ
・火事の元
ガソリンの跡を撃て
・ヘッドショット
ヘッドショットで6人倒せ
・命中率
射撃命中率70%以上でクリアしろ

エイムアシストのおかげで命中率を高めの水準でクリアするのは楽。
一応命中率対策としては、連射できてしまうアサルトライフルなどよりも、単発のハンドガンを使用した方がいい。
ヘッドショットも落ち着いて狙えば問題なし。
ガソリンの跡は、途中から増援で来る敵が乗っている車からガソリンが漏れているので、その地面に漏れたガソリン跡を撃てばいい。
タイムに関しては、バイクの男が逃げる前に撃ち殺すことが可能なのでそれで追跡過程を短縮できる。

運命の仕事
・タイム
05:00以内にクリアしろ
・俺に触るな
シミオンとの対決を無傷で切り抜けろ
・庭でお昼寝
ステルス攻撃で庭師を気絶させろ

フランクリンでマイケルの家に侵入し車を回収する。
入口を乗り越えて庭に入ったら、L3押し込みで忍び足にして庭師に背後から近づきステルス攻撃して気絶させる。
車を台に2階の窓から家に侵入したら、忍び足で1回のガレージへ。
忍び足でノンストップでガレージへ向かっても別に見つからないはず。
車に乗ったら目的地へ向かってイベント。
マイケルに操作が変わり、シミオンと素手での殴り合いになる。
最初の攻撃が少しでも遅れると相打ち気味に相手のパンチをもらってしまうので、その場合は初手は回避に専念した方が安全かもしれない。
あとは一回殴ってしまえば連続で一方的にボコれるので問題なし。

父と子
・スピード・レスキュー
10秒以内にジミーを救出しろ
・傷ひとつなし
アマンダの車をダメージなしで届けろ

順当に攻略を進めていく。
フランクリンがヨットを盗んだ敵の車に乗り移ってから3人ほど敵が出てくるので援護射撃してやる。
その後、ジミーがヨットの帆先?にぶら下がるシチュエーションになるので、黄色の落下ポイントが表示され次第そこへ車を移動させる。
表示が出る前からある程度位置を合わせておくといい。
他の走行している車に気を付けて。
後は車を修理後、無茶な運転を控えてマイケルの家へ向かえば余裕でクリア。

チョップ
・傷ひとつなし
ラマーのバンのダメージを最小限に押さえてクリアしろ
・ワンワン
10秒間チョップの視点に立て
・磨かれた反射神経
フランクリンの特殊スキルを7秒間使え

バンの操作性が普通の車と比較して慣性が付きやすく扱いづらい。
傷をつけないように追跡をするため、フランクリンのスキルを使って衝突事故などは避けよう。
一応ちょい長めにスキルを使っておけば、スキルを7秒間使用する条件も達成できる。
チョップと共同でターゲットの捜索に向かうシチュエーションでは、キャラチェンジでチョップに切り替えが可能。
10秒間チョップ視点でいればいいだけなので楽に達成可能。
チェンジするタイミング次第では犬の肛門を見続けることになる…




今日はこんなとこで。
次回GTA5記事の更新はこれの続きの予定。
オフで取れるトロフィーのコンプまではやる予定です。

それではまた!

この記事へのコメント

最近の記事