【バイオハザード2】公式PV・E3トレーラー・プレイ動画まとめ&考察【バイオ2リメイク/PS4】

こんばんは、カザリです。
E3でバイオ2のリメイクに関するPVやプレイ動画が公開されてからもうそろそろで1か月が経とうとしています。
オリジナルをプレイしていた人はPVを見てかなり興奮したことでしょう。
もちろん自分もその一人です。
そんなわけで、今回は公式PVやE3のトレーラー、プレイ動画のまとめ&考察の内容でお送りします。



まずはこちらの公式PV。
字幕が付いていて見やすいです。

これはE3のトレーラー。
ネズミ視点で始まるやつです。

こっちがプレイ動画。
ゾンビが結構怖い。


ストーリーについて

①RPD職員が市民に警察署へ避難するよう呼び掛けている

「想像していた初日とは随分違うな」というレオンの語りから始まる公式PV。
警察署のホールには避難してきた市民を受け入れる準備をしていたのであろうと思われる備品や設備があります。
実際に、PV中では必要な方に食料や医療品を無料で提供すると市民に呼び掛けていることが分かります。
しかし、街の不穏な空気や散らかっている様子、横転、破損、炎上している多数の車両や、生きた人がいない、呼び掛けている警察官が映らない。
などのシーンから、市民の避難誘導作戦は残念ながらあまり成果を上げられなかったのであろうと感じてしまいます。
この辺はオリジナルでは描かれていませんでした。

実際に、後の作品であるアウトブレイクの「発生」というシナリオで、市民を避難させるために警察官が尽力していたことが分かります。
この辺の設定を本編でも取り入れたということでしょう。
過去の設定が変わらないなら、大規模な暴動(ラクーンスタジアムでの暴動)が起きたのが9月24日。
一方レオンがラクーンシティに到着したのが29日とされています。
オリジナルにしろリメイクのPVにしろ、どちらにしても29日にレオンが警察署に着いたときには市民は残っていません。
命からがら避難してきた少数の市民らがいたとして、避難先の警察署もゾンビや二次感染した動物などに襲撃され、安全地帯ではなかったでしょう。
バリケードで外敵の侵入を防いでも、負傷した市民やRPD職員らのゾンビ化、さらには署長の凶行もあり内側にも多くの危険があります。
29日にレオンが到着するころにはほとんどの生存者が命を落としたということなのでしょう。
さらに言えばバイオ3でジルが警察署に到着した28日の時点でも負傷して気絶しているマービン以外は登場しません。
24日にスタジアムの暴動があってOBの発生、死守が暴動以降~27日までのどこか(一応発生のオープニングでスタジアムの暴動を"本日"と言っているニュースが流れているのでその番組が生放送なら発生に関しては24日の夜っぽい気がする)で起きた出来事です。
ということは、24日~27日までに署内生存者は壊滅的な状況に陥ったことになります。
アウトブレイクfile2の死守のENDの存在を考えると、もしかしたら中には命を落とさずに無事に脱出出来た生存者がいたかもしれません。
いずれにしても、レオン到着時には警察署にはマービンを含めた数人の警官しか残らなかったわけです。
今回のリメイクでこういった若干不明瞭な時系列や正史についてもいくつか判明するシーンが追加されるのではないかと期待せざるを得ません。




















スポンサーリンク
























②警察署に着いた時の最初の流れが変更

オリジナルの表シナリオではまず西側オフィスに入ってマービンに出会うところから始まりましたが…。
プレイ動画を見る限り、リメイクでは最初にホールにある監視カメラのモニターに映るエリオットを探しに行く流れになっています。
その後の展開でマービンに危ないところを救出してもらい、彼としばし会話をしてナイフを受け取ることが出来るようです。

③エリオット死亡イベントの追加

プレイ動画ではギミックの謎を解いたエリオットがマービンにそれを伝えようと監視カメラ越しに訴えているシーンがあります。
それを見たレオンが現場へ向かうも、残念ながらエリオットはシャッター奥のゾンビの群れ(と思われる)にやられてしまいます。
その後、マービンと合流し彼の残した手帳のヒントをもとにホール2階の像の謎を解明することが出来ます。
マービンを含めて4人の生き残りがいたとオリジナルのファイルには記載されていた気がするので、他の警官の活躍も期待出来るかもしれません。

システムについて

①TPSに変更

従来は固定カメラ+ラジコン操作の旧バイオシステムでした。
通常時はビハインドビューカメラによるキャラの背後から見える視点で、バイオ4、5、6と同じです。
射撃時は肩越し視点でエイムする点も同じ。
オリジナルバイオ2ではスコープを覗くような武器はありませんが、上記作品にはスナイパーライフルでエイムする場合に限りFPSのようなスコープ視点になりました。
何の根拠もないですが、もしかしたらスナイパーライフル系統の武器が登場するかもしれません。

②射撃時にレオンがしゃべる

プレイ動画ではハンドガンでゾンビに射撃しているときにレオンが独り言をしゃべっています。
多分「下がれ!」とか「来るな!」とか「クソ!」とかそんな感じ。
これはムービー中ではなく、プレイアブルなシーンでのことなので、あまり他ゲーでも見ない演出に感じました。
まだクリーチャーに慣れていない新米らしいレオンを強調している要素です。

③ナイフについて

プレイ動画でマービンから受け取ったナイフですが、今回はリメ1のダガーナイフやスタンガンのように緊急回避アイテムとしても使うことが出来ます。
ゾンビに組み付かれたときの対抗手段になりそうです。
ただし、情報によると本作のナイフは消耗品らしく、使いすぎると壊れてしまう、などの要素があるかもしれません。

④ヘッドショットと部位破壊について

ゾンビと言えばヘッドショットで一撃というのが常識ですが、プレイ動画を見るにさすがにゲームバランス的に本作ではヘッドショットで一撃とはいかないようです。
一方部位破壊は結構発生しやすいのか、腕や脚をハンドガンで2~3発撃つとゾンビの腕や脚がもげてしまいます。
戦略的にも絡んできそうな要素なので、是非とも規制なしで実装されることを祈ります。

⑤バリケードを手に入れて使うことが出来る

プレイ動画を見る限り、ハーブや弾のようにバリケードがアイテムとして拾えるようです。
窓に使うことでバリケードを作ることが出来ていました。
これによってゾンビの侵入を防げるのでしょうか。
オリジナルではシャッターを降ろすことでゾンビの侵入を防ぎました。






















スポンサーリンク

























マップ、ギミックについて

①食料品のある棚のエリア

「大丈夫だ、下がってろ」の警官が死ぬ直前の映像から棚に食料が保管されている様子が分かります。
警察署に到達する前のラクーンシティのどこか食料品店が新たに探索ルートに追加された可能性もあります。
市民に食料を無料で提供すると言っていることから、警察署内のどこか、という可能性も高そうです。
何れにしてもオリジナルにはないエリアです。

②警察署へのルートが正門から

断定は出来ませんが、PVの1:03で見れるシーンではRPDの正門にレオンが歩いて向かっているのが分かります。
ルートが変更されているということは従来とは違うラクーンシティのエリアが見れるかもしれません。

③雨が降っている

マップというかギミックというか微妙ですが、オリジナルでは降っていなかった雨が降っています。
今回のリメイクのPVでも屋上にヘリが墜落するシーンがありますが、ワンチャン時間経過で火災が消えたりして(多分ない)。
火災がもしなくなってる場合、バルブハンドルを持ってきて消化するギミックがなくなりそうです。

④警察署ホールのデザインが変更&ギミックの変更と追加

プレイ動画で確認できる範囲では、まず1階と2階の往来が階段で出来るように変更されています。
オリジナルではわざわざ梯子を上るか、西側かあるいは東側から迂回して行かないと2階に行けない不便さでしたが改善されたようです。
また、ホール1階のユニコーンのメダルをはめる像のギミックも変更されており、メダルをはめるくぼみが3つになっています。
ホール2階では特定の絵柄を3つ合わせることでライオンのメダルを獲得出来るギミックが追加されています。
そのライオンのメダルを、ユニコーンのメダルをはめていた場所の3つのくぼみのうちの1つにセットすることが出来ます。
従来だとスペードの鍵が手に入りましたが、リメイクでは地下へ行けると思わしき仕掛けが少しだけ作動するようです。
恐らく3つはめることで完全に仕掛けが作動するのでしょう。

⑤全体的にシャッター多め

オリジナルでは普通に扉だったところがシャッターになっていたりいています。
エリオットを助けに向かう警察署東側の廊下に繋がる場所も、ドアではなくシャッターになっています。
ついでに東側を奥まで進んでいった先にもシャッター。
エリオットが抜けられなかったのもシャッター。
マービンがレオンを助けるためにゾンビを倒した方法もシャッター。
ナイフでテープを切って作動させたスイッチで開くのもシャッター。
シャッターっていっぱい書いてたらシャッターが分からなくなってきました。
シャッターってなんだっけ。



キャラクターについて

①「大丈夫だ、下がってろ」という警官

PV49秒にて登場した「大丈夫だ、下がってろ」と言いゾンビと揉み合いになり首を食いちぎられて死亡する警官がいます。
残念ながら現時点では名前は分かりません。
オリジナルの9/28にエリオットが残した「作戦報告書2」では記録者のエリオットを含む4人が生存しているとのことでした。
マービン、エリオット、屋上にいた太めの警官(名前知らない…)で生存者は3人。
今回リメイクではその4人目が登場した、ということでしょうか。
トレーラーの方の映像を見るともう少し長く彼のシーンを見れますが、ゾンビを逮捕すると言っている辺りなんか違和感。
他の警官やUBCSはゾンビに対して銃撃戦を繰り広げているのに何を言っているのか。
レオンも「保安官、大丈夫ですか?」と手伝おうとしますが敢え無く死亡。


②レオンが若干ケツアゴに

近年のレオンは4、6、DC、ORC、CG映画3本共にシュっとしたイケメンでした。
実はオリジナルのバイオ2でも若干アゴに特徴があったレオン。
ケツアゴとは違いますが、アゴの中心部が若干盛り上がっているような形です。
2018-06-22_14-39-41.png
今回はまた違った形でアゴに特徴が。
ダウンロード (1).jpg
制服の色も明るい青だったオリジナルの色合いから、ORC、DC、4の隠しコスチュームなどの後発作品に合わせるような形で若干暗めの色に変わってます。

③クレアのデザインがかなり変更されている
2018-06-21_14-39-31.png
オリジナルの結構尖った(ダサいともいう)デザインの服装から普通っぽい感じの衣装に変更されています。
ダウンロード.jpg
さすがに肩にナイフケースはやりすぎだったのか。
というか服装以前に顔からクレアだと正直分かりませんでした。

オリジナルのクレアの雰囲気を残しつつグラフィックを進化させてきたレオンとクレアでしたが、今回の2リメイクでは従来とはまったく違う雰囲気になっています。
個人的には少し残念な気がしますが、結局ゲームやってりゃ慣れるでしょってな具合であんまり気にしないことにしました。


④マービン

オリジナルからイメージはそんなに変わらないですね。
今回はプレイ動画を見る限り結構活躍シーンが増えている様子。
合流後はナイフをくれる。
トレーラーでは「俺の二の舞になるな、やつらを見たら警官でもためらうな」と言っています。
単にゾンビにやられて負傷したというよりは、同僚がゾンビ化したことに動揺して対処を間違ったということでしょうか。
あと、どうでもいい点ですがマービンの怪我している腹の位置がオリジナルと逆側になっている気がします。
OBの死守では腹の真ん中だったしあんま気にしてないのかも。


⑤エリオット

PV、プレイ動画に登場。
惜しくもシャッター奥に下半身を置いてきてしまった警官。
謎解きの手がかりを手帳に残してくれる有能警官。
オリジナルのファイルの1つである「作戦報告書2」の記録者でもある。
リメイクではしっかりとキャラクターの1人として登場する模様。


⑥その他
PVでは上記以外にもシェリー、エイダらしき人影、市長の娘(恐らく死後)などが映っています。
また、トレーラーにて署長、ハンク、アネット、ベンのものと思われるセリフがあります。
クリーチャーではリッカーも出ていて、リッカーにやられたのであろう警官の死体も規制なしで映っています。
トレーラーではリッカーの舌に貫かれたと思われる警官が絶叫を上げています。
さらにトレーラーではタイラントと思われるトレンチコートを着たBOWも確認できます。
ハットを被った様子などがオリジナルと違う点です。
ここではリンクを貼っていませんが、多分別の映像でタイラントの顔が映っているものがあります。
ちなみにこんな感じ。
images.jpg
ハット被ってるのは結構好きなデザインかもです。
ただ、オリジナルの方がやっぱかっこいいよなあ。
ダウンロード (2).jpg




とまあこんな感じでしょうか。
ワクワクが止まらな過ぎてオリジナルのバイオ2はもちろん過去作を片っ端から再プレイしているのは私だけではないはず!
発売日は2019年1月25日!!

それまでバイオ関連の更新多めでいきやす!
ではまた次回!


この記事へのコメント

最近の記事